効果的な基礎代謝アップの方法とは?

2017/09/03

太らない体づくりに欠かせないものとは?

基礎代謝を上げることが太らない体づくりの条件です。
人間が普段生活する中で消費しているエネルギーの約70%が基礎代謝によるものなんです。そのため、運動していなくてもエネルギーが消費される基礎代謝を上げることが、太らない体づくりへの近道です。

基礎代謝を構成するもののうち、筋肉が占める割合は約40%にも及びます。そのため、基礎代謝を上げるには、筋トレで筋肉量を増やすことが最適なのです。

短期間で効果を上げる運動とは?

わずかなトレーニングの時間でも、1度に効率よく筋肉を刺激できるよう、鍛える部位を選ぶ必要があります。

体積が大きい筋肉から鍛えていくことが大切です。
それは大きな筋肉を鍛えれば、増える筋肉量が多いので、それだけ基礎代謝が上がるのです。
具体的には、太ももやお尻の筋肉は全体の約50%を占めるほどの大きな筋肉です。また、胸や背中、ふくらはぎも全身の約25%を占める体積の大きい筋肉として挙げられます。

筋トレによる筋肉の刺激で、基礎代謝は即時に上がり2日間程度持続します。そのため、1日おきに鍛えることで、継続的に基礎代謝を上げることができます。

そのため、太ももとお尻をサイクルA、ふくらはぎや胸・背中をサイクルBとして、サイクルAとサイクルBを1日おきに行うことで、短期間で効果を感じることができます。