発酵キャベツに失敗

2017/07/10

発酵キャベツが!

先日初めて作った「発酵キャベツ」(過去記事)ですが、それから4、5回継続して作っていました。

単純で簡単なレシピなので、一度作れば、やり方は覚えてしまいます。

そのため、すべて目分量で作っていたせいでしょうか。

ついに、この前失敗してしまいました!

全然酸味を感じないし、長めに発酵させていたらピンクがかった変な色になってきたのです。

 

失敗の原因は?

原因を知るべく、もういちど発酵キャベツの作り方のサイトを確認してみました。

すぐにわかりました。塩が足りなかったようです。

サイトによって違いますが、例えばキャベツ1玉の場合は、塩が小さじ4杯と紹介されていました。

ところが、慣れで目分量で作っていた私は、発酵キャベツは塩分控え目のものだという思い込みもあり、2つまみくらいパラパラとかけるだけで作ってました。

また、今回は砂糖を忘れていました

もうほんとにダメダメですね。

砂糖は乳酸菌が活動するための栄養なので、砂糖を入れないと乳酸菌による発酵が起きないそうです。

 

再チャレンジ!

ちなみに、最初に作ってから4、5回作ったと書きましたが、一番最初のときはおいしかったのですが、それ以降は酸味がなんだか薄いかもと思っていました。あまり発酵できてなかったのでしょうね。

ということで、再度、今回は塩と砂糖をちゃんと分量通りに入れて作りなおしました。

今発酵中なので、おいしい発酵キャベツが出来たら更新しますね!

 

(7/13更新)

ついに出来ました!おいしい発酵キャベツになっていました!(画像で見るとそんなにおいしそうには見えないですが… なぜ?)

やはり慣れて適当に作ってしまうのはダメですね。ちゃんと塩や砂糖の役割を理解することが大切だと再認識しました。